悪徳商法の対処法

デート商法に関連して悪徳商法にひっかかった時の対処法

悪徳商法への対処法は、一般的には次のような対処法があります。
悪徳商法は多種多様であり被害の状況も多種多様であるから、個々の事案についてよく検討する必要があります。
よくわからない場合や相手が悪質な場合は、消費者センターや悪徳商法に詳しい弁護士・司法書士・行政書士に相談するのを勧めます。

民事
クーリングオフ制度による申込みの撤回、又は契約解除。
消費者契約法に基づく契約の取消や、消費者の利益を一方的に害する条項の無効。
民法に基づく錯誤・詐欺・強迫による契約の無効。
個別の業法に基づく消費者保護規定の活用。
民事訴訟。

刑事
犯罪性のある場合は、警察に被害届を提出したり、告訴や告発を行う。セールスマンが退去しない、しつこいなど急を要する場合には110番へ通報してもよい。

行政
個別の業法に基づき、行政指導や行政処分を求める申立てを行う。

相談時に、「騙される方が悪い」という対応を、相談先である消費者センターの職員や法律家等にされる場合もありますが、悪徳商法の根絶のために、そのような一時の恥や屈辱に耐えても泣き寝入りはするべきではないです。

悪徳商法いろいろ

デート商法に関連して悪徳商法について

必ずしも悪徳商法とは言えませんが、勧誘方法などによっては悪徳商法となりやすく、消費者が警戒心を持つべきものを含みます。

あ行 -- アポイントメント商法 - アンケート商法 - 違約金 - インターネット上でのネズミ講 - エウリアン(絵売り女) - オークション詐欺 - オーナー商法 - 送りつけ商法 - 押し貸し - おとり商法 - お礼商法 - オレオレ詐欺

か行 -- 会員権商法 - 開運商法 - 海外宝くじ - 絵画商法 - 外国為替証拠金取引 - 買取屋 - 架空請求 - 家具リース金融 - 貸します詐欺 - 騙り商法 - 家庭教師業者 - 空貸し - 危険商法 - キャッチセールス - 求人商法 - 教材販売 - 業務提供誘引販売取引 - クレサラ問題 - 競馬予想業者 - 血液検査商法 - 現物まがい商法 - 原野商法 - 恋人商法 - 攻略法詐欺

さ行 -- 財テク商法 - 催眠商法 - 士商法 - 資格商法 - 実験商法 - 借金アルバイト - 就職商法 - 住宅リフォーム詐欺 - 紹介屋 -情報商材- 消費者金融 - 商品先物取引 - 情報販売 - システム金融 - 紳士録商法 - 新聞拡張団 - スパムメール - 整理屋 - 090金融

た行 -- 体験談商法 - 代引き詐欺 - 抱き合わせ商法 - チケット金融 - 通信販売 - 次々商法 - 次々販売 - デート商法 - 点検商法 - 展示会商法 - 電話勧誘販売 - 都(1)金融 - 当選商法 - 特定継続的役務提供

な行 -- 内職商法 - 二次勧誘 - にせ募金 - 二八商法 - ネガティブ・オプション - ネズミ講 - 年金担保金融 - ノミ行為

は行 -- バイブル商法 - フィッシング詐欺 - 振り込め詐欺 - ペーパー商法 - 返金商法 -包茎手術商法 - ホームパーティー商法 - 訪問販売 - 募金詐欺 - 保険金不払い

ま行 -- マルチ商法 - マルチまがい商法 - 未公開株購入勧誘 - 見本工事商法 - 無限連鎖講 - 無認可共済 - 無料体験商法 - 迷惑メール - モニター商法

や行-- ヤミ金融 - 融資詐欺 - 預託商法

ら行 -- 利殖商法 - リピート・スリー - リフォーム詐欺 - 霊感商法 - 連鎖販売取引

わ行 -- 和牛商法 - ワンクリック契約 - ワン切り

A -- GNP商法 - M資金詐欺 - MMF(Make Money Fast) - SF商法 - spamメール

引用【ウィキペディア】

デート商法に関連して悪徳商法を取り上げてみましたが、いっぱいありますね。
皆さんも知らないうちに狙われているかもしれませんので気をつけましょう。

悪徳商法とは?

デート商法に関連して悪徳商法について

悪徳商法は、悪質な者が不当な利益を得るような、社会通念上問題のある商売方法の事です。
多くの場合、被害者は消費者であるが、企業(ことに中小零細企業)や個人事業者のこともあります。
また、問題商法または悪質商法とも言います。

なお、警察、消費者センターなどでは問題商法または悪質商法ということが多く、ほとんど悪徳商法とは言わないみたいです。
マスコミや一般の人は、悪徳商法ということが多いですね。
近年20歳で成人を迎えて間もない人たちをターゲットにする悪徳商法が増加しています。
法律的には成人とみなされても、彼らには社会的な経験や知識が少なく、そこにつけこんだものが多いです。

悪徳商法の特徴

意思の合致がないのに、一方的に契約の成立を主張するもの。

勧誘目的を隠して、接近してきたり、誘い出すもの。 - 当選商法など。

神・仏・霊・占いなどを利用し、不安を煽るもの。

効果や結果などが断定できないのに、断定調で広告や勧誘をするもの。 - 「最低でも2kgは痩せます」「○○株は必ず上がります」など。

金融商品などリスクを伴う商品やサービスなどについて、期待できる利益ばかりを強調して、予測されうる不利益について説明を十分に行わないもの。

契約内容について十分な説明をしないもの。

契約内容について、検討する時間を十分に与えず、早期の契約締結を迫るもの。

強迫や詐欺などを手段として、契約を締結させるもの。

営業所などに監禁や退去妨害をして、契約を締結させるもの。

自宅などに居座り、不退去で契約を締結させるもの。

勧誘を行う時間帯が、深夜や早朝など社会通念上不適切なもの。

異常に高揚した心理状態で契約を締結させるもの。 - 催眠商法・SF商法など。

迷惑な方法で広告するもの。 - 迷惑メール・勤務時間中の勤務先への電話による販売勧誘など。

児童などの未成年者・高齢者・認知症など契約内容を十分に理解できない者に、契約を締結させるもの。 - 高齢者や認知症患者への住宅のリフォーム(改装)など。

擬似科学的な説明を行い、商品を売りつけようとするもの。 - マイナスイオン・アルカリ性食品など。

デート商法エステのクーリングオフ

デート商法エステのク−リングオフについて

クーリングオフ制度とは一度は契約をしてしまったけれど冷静になって考えた結果、やはり自分にとって必要ないと思った場合に、一定期間内であれば消費者が無条件で契約解除できる制度をいいます。

「無料体験エステに出かけ、つい気分が高ぶって高額コースを購入してしまった」、「スタッフの迫力に圧されて、仕方なく何十回ものチケットを買ってしまった」。
そんな時にこそこの制度が生きてくるので、心身ともにリラックスできるエステタイムを過ごすためにも、ぜひクーリングオフ制度について知っておくことをおすすめします。
せっかくのリラックスタイムがストレスの原因にならないようにしましょう。

クーリングオフ制度を利用するための条件や効果とは?

次の2つの条件を満たしているのであれば、あなたの契約はクーリングオフ制度が適用できます。
(エステの場合、クーリングオフできる8日間を過ぎてしまっても、中途解約をすることができますが、一定の解約料などが発生します。なるべく早いタイミングで処理を行うべきでしょう)

○契約金額が5万円を超え、かつ契約期間が1ヶ月を超えるもの
○法定の契約書面が交付されてから8日以内のもの

そしてクーリングオフが成立した場合、契約が最初からなかったことになりますので、次のような効果が得られます。

○支払った代金は全額返金されます。
○化粧品や健康食品などの商品を受け取っている場合は、相手側の負担で商品を引き取ってもらえます(自分の意思で開封、使用してしまったものは原則的に不可)
○損害賠償や違約金を支払う必要はありません。
という効果が得られます。

電話や口頭での契約解除はNG!必ず書面で手続きを。

クーリング・オフの手順はいたって簡単です。

(1)サロンに契約解除の通知を郵送しましょう
(2)信販会社と契約した(契約金をクレジットカードで支払った、ローンを申し込んだ)場合は、信販会社にも同じ内容の通知を郵送しましょう

以上でクーリング・オフは完了です。この通知はかならず書面で行います。当たり前のことですが、契約を解除するために相手方に電話をしたり、出向いたりするのは避けましょう。サロンスタッフにさらに強く説得されてしまうことがあるかもしれません。電話や口頭で契約解除の意思を伝えても、クーリングオフは適用されないので時間が無駄になります。

以上の方法でデート商法エステのクーリングオフが出来ますのでよく覚えていて下さい。

引用【オールアバウト】

デート商法クーリングオフ

デート商法とは、異性への恋愛感情を利用して、契約を締結させる商法で、恋人商法ともいいます。
デート商法では、エステ、絵画、宝石、布団などを購入させられる事が多いです。

クーリングオフとは、一定期間、無条件で申込みの撤回または契約を解除できる法制度です。

消費者が自宅などに不意の訪問を受けて勧誘されるなど、自らの意思がはっきりしないままに契約の申し込みをしてしまうことがあるため、消費者が頭を冷やし再考する機会を与えるために導入された制度です。
一定の期間内であれば違約金などの請求を受けることなく、申し込みの撤回や契約の解除ができます。

デート商法の被害者のクーリングオフできる期間は、8日間となってます。
ただし、クーリングオフの行使について妨害(不実告知による誤認、又は威迫)があった場合は、妨害がなくなり「クーリングオフ妨害解消のための書面」を受領するまでは、クーリングオフ期間は進行しないとなっています。

もし自分がデート商法の被害にあったとわかったら、他人を介さず、自分で相談を受けることです。
相談は、事の一部始終、その経緯の全てを話すことが大事です。他人を介するとなりますと、重要なことが抜けていたりすることがあり、本人の意思に反することがあります。

尚、クーリングオフの相談は、それぞれ弁護士会、司法書士会、行政書士会、税理士会に連絡すれば、紹介してもらうことができます。(具体的な相談は、お住まいの地域にある各会にご相談ください)

デート商法では、エステ、絵画、宝石、布団などを購入させられる事が多いです。皆さん気をつけましょう。


デート商法とはA

デート商法とは、異性への恋愛感情を利用して、契約を締結させる商法で、恋人商法ともいいます。
デート商法では、エステ、絵画、宝石、布団などを購入させられる事が多いです。

デート商法の被害者は男女ともに認められます。
しかし男性が被害者である場合は、「騙される方が悪い」とみなす者が本人の周囲だけでなく、被害の救済を担当する者にも多いために被害者が二次的に精神的被害を受けることが少なくなく、そのケアなどが問題となっているのが現状です。

デート商法の被害になりやすいのは、大学に入学したばかりでひとり暮らしを始めたばかりの人が孤独や不安による寂しさから誘いにつられる習性があるようです。
日頃から物事の良し悪しを判別できる強い精神力を養い、自己管理をする意識、自己防衛をする意識を強く持つことが肝心です。

デート商法では、エステ、絵画、宝石、布団などを購入させられる事が多いです。皆さん気をつけましょう。

デート商法とは@

デート商法とは、異性への恋愛感情を利用して、契約を締結させる商法で、恋人商法ともいいます。
デート商法では、エステ、絵画、宝石、布団などを購入させられる事が多いです。

デート商法の手口

出会い系サイト、お見合いパーティ、電話、電子メールなどでの出会いをきっかけとして、異性の販売員が身分を秘匿して接近してきます。
販売員は、相手と何回か会って話やデートをして相手に感情移入させた後で、商品をねだったり、エステの勧誘をしたりします。相手が業者の販売店に入ると、店に誘い込んだ異性の販売員がねだったり甘えたりして商品を購入させる。
中には店内の販売員数人で取り囲んだり、脅した末に、強引に購入させる手口もあります。

デート商法の商品は、エステ、毛皮、宝石、絵画がメインである場合が多いようです。
「自分がデザインしたもの」などといって買わせるケースも多く、クレジットも生かせるように、数十万〜数百万円の高額を設定して販売します。
このような業者と契約するとカモリストに掲載され二次勧誘の対象になるので注意が必要です。

デート商法では、エステ、絵画、宝石、布団などを購入させられる事が多いです。皆さん気をつけましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。